新型レンジローバーをあえて選ぶべき理由とは

高級SUVがいくつも存在する今、あえてランドローバーの新型「レンジローバー」を選ぶべき理由を、実際に試乗した小川フミオが考えた。

どこから見てもレンジローバー!

第5世代に進化した新型レンジローバーは、世界的に売れているらしい。もうすこし厳密にいうと、欲しい人がかなり多いようだ。現在ウェイティングリストにサインしたひとの数は約7万5000人。このひとたちの手元に車両が届くのに約2年はかかるという。

5mを超える全長を持つプレミアムクラスのSUV。このセグメントは、現在、かなり混み合ってきている。そこにあって、新型レンジローバーはどのようにポジションを獲得するんだろうか……そんなことを思って試乗したら、このクルマにしかないキャラクターがちゃんとあるではないか。

「競合するモデルはなにか、ということは考えていません。モデルチェンジの背景は、それより、顧客のいまのテイストを考えて、です。言葉でいうと、モダニティが好まれるんです」

説明してくれたのは、本社でプロダクトマーケティングディレクターを務めるデビッド・スティール氏。開発チームが検討を重ねた結果、内外のデザイン面でレンジローバーにしか出来ないモダンさを作りだすと同時に、最新のテクノロジーを採用して「Car For All Season」、つまり、なんでも出来るクルマを、と目指したそうだ。

はたして、第5世代になっても、レンジローバーはレンジローバーでしかありえない、そんな出来映えだ。

さきのデザイン面でいえば「ほかのなににも似ていないこと」を考え、「そのため、クリーンで、よけいなものをすべて削ぎ落としたようなボディを作りました」と、デザインを率いるチーフクリエイティブオフィサーのジェリー・マガバン氏は語った。

「ロレックスやエルメスはプロダクトとブランドが密接に結びついているのが特徴です。バッジを外してもそれとわかります。新型レンジローバーも、おなじところにいると自負しています。“デザイン”と私が言うとき、それはたんに外側を飾るスタイリングを意味していません。求められる要件を高いレベルで達成することなのです」

会員限定記事会員サービス詳細