どちらが弥生人? そっくりさんグランプリに大阪の男性

「青谷弥生人そっくりさんグランプリ」で優勝した大阪府の吉田昌弘さん(左)と復顔された青谷弥生人=鳥取市
「青谷弥生人そっくりさんグランプリ」で優勝した大阪府の吉田昌弘さん(左)と復顔された青谷弥生人=鳥取市

鳥取市青谷町の「青谷上寺地遺跡」から出土した弥生時代の頭蓋骨を基に復顔された「青谷弥生人」に最も似ている人を決める「そっくりさんグランプリ」が28日、鳥取市で開かれ、大阪府柏原市の会社員、吉田昌弘さん(35)がグランプリに輝いた。吉田さんは「まさか自分がと思った。感無量です」と喜んだ。

全国から応募した215人のうち、事前審査を通過した10人が、オリジナルダンス、ギターなどを披露し、思い思いの弥生人らしさを表現。吉田さんは営業職だが、見た目を弥生人に似せるため、ひげを伸ばして6キロ減量したエピソードで会場を沸かせた。

審査基準は見た目のそっくり度を一番の評価ポイントとし、パフォーマンス内容を加味。観客などの投票も加えて勝者を決めた。鳥取県の平井伸治知事は「みんなそっくりで紙一重だった。〝やー良い人たち〟だ」とたたえた。

会員限定記事会員サービス詳細