沖縄知事選、玉城デニー氏の対抗馬に佐喜真淳氏 自民県連が擁立へ

自民党沖縄県連らがつくる県知事候補者選考委員会が開催した公開演説会で演説する前宜野湾市長の佐喜真淳氏=28日午前、那覇市
自民党沖縄県連らがつくる県知事候補者選考委員会が開催した公開演説会で演説する前宜野湾市長の佐喜真淳氏=28日午前、那覇市

自民党沖縄県連は28日、任期満了に伴う沖縄県知事選(9月11日投開票)に、前宜野湾市長の佐喜真淳(さきま・あつし)氏(57)を擁立することを決めた。現職の玉城デニー氏(62)も近く出馬表明する方針で、4年前の前回選と同じ対決構図になる見通し。

県連は28日、佐喜真氏ら出馬の意欲を示す5人の公開演説会を那覇市で開催。その後の選考委員会で選出した。

決定を受け、佐喜真氏は「新型コロナウイルスで大ダメージを受けた県経済に光を当て、県民のために尽くす」と語った。争点となる米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題については、「日米安保を維持しつつ、普天間飛行場の一日も早い返還を目指す」とした。

佐喜真氏は宜野湾市議、県議を経て平成24年の市長選に当選し、28年に再選されたが、辺野古移設に反対した翁長雄志(おながたけし)前知事の死去に伴う30年の知事選に出馬し、翁長氏後継の玉城氏に敗れた。

一方、玉城氏は6月前半にも正式に出馬表明する。辺野古反対の「オール沖縄」勢力が支える方針で、事実上の一騎打ちになるとみられる。

会員限定記事会員サービス詳細