リニア理解に「環境保全有識者会議」設置へ 岸田首相表明

山梨実験センターで試験走行中のリニアモーターカーに試乗する(左から)岸田文雄首相、JR東海の金子慎社長ら=28日午前、山梨県内(鴨志田拓海撮影)
山梨実験センターで試験走行中のリニアモーターカーに試乗する(左から)岸田文雄首相、JR東海の金子慎社長ら=28日午前、山梨県内(鴨志田拓海撮影)

岸田文雄首相は28日、リニア中央新幹線工事に伴う水資源への影響を懸念する静岡県の要請を踏まえ、「環境保全に関する国の有識者会議を速やかに設置したい」と表明した。環境影響評価の来年の着手を目指し、国として必要な指導、支援を行っていく考えも示した。訪問先の甲府市で記者団に語った。

東京、名古屋、大阪を結ぶ計画の中央新幹線は、静岡工区が未着工で東京―名古屋の令和9(2027)年開業予定が大幅に遅れる見通し。首相は「沿線自治体の理解を得つつ事業を進める」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細