規律乱した乾の処遇、C大阪・森島社長「復帰に向け協議している」

チームからの離脱が長期になっているC大阪・乾貴士。復帰に向けて協議している=ヨドコウ桜スタジアム(撮影・林俊志)
チームからの離脱が長期になっているC大阪・乾貴士。復帰に向けて協議している=ヨドコウ桜スタジアム(撮影・林俊志)

サッカーJ1、C大阪の森島寛晃社長が28日、チームの試合前日オンライン会見に参加し、規律を乱したなどとして公式戦6試合の出場停止処分が科されていた元日本代表MF乾貴士(33)とチーム復帰のタイミングなどについて協議していることを明かした。

5月14日の名古屋戦で処分期間が終了した乾はその後もチームとは別メニューでトレーニングを行い、低下したコンディションの回復に努めている。森島社長によると、小菊昭雄監督や森島社長を含め、クラブ側と乾とはこれまで複数回にわたる面談を実施し、双方が和解済み。乾は自身が起こした行動がクラブやチームに迷惑をかけたことを自覚して反省しているといい、森島社長は「チーム、サポーターのことを気にしていた」と話した。その上で、「チームから離れている期間が長くなり、立ち位置も難しくなっている」(森島社長)ことから、どのタイミングでチームに復帰すべきかについて協議しているという。

乾は4月5日にヨドコウ桜スタジアムで行われた柏戦に先発出場。0-1の後半途中に交代を命じられた際に、サポーターの前で暴言を吐くなど不服な態度を示した。試合後にもチームの規律・秩序を乱す行動が確認されたことから、クラブ独自で公式戦6試合出場停止の処分を科していた。


会員限定記事会員サービス詳細