大阪桐蔭が公式戦29連勝 センバツ決勝の再戦制す

【大阪桐蔭-近江】八回1死三塁から左中間への勝ち越し2ランを放った大阪桐蔭の丸山=28日、紀三井寺公園野球場(甘利慈撮影)
【大阪桐蔭-近江】八回1死三塁から左中間への勝ち越し2ランを放った大阪桐蔭の丸山=28日、紀三井寺公園野球場(甘利慈撮影)

高校野球の春季近畿大会は28日、和歌山市の紀三井寺公園野球場で準決勝2試合を行い、今春の選抜大会決勝と同じ顔合わせとなった第2試合は大阪桐蔭が11-2で近江(滋賀)に逆転勝ちした。第1試合は智弁和歌山(和歌山1位)が報徳学園(兵庫)を5-4で下した。決勝は29日に同球場で行われる。

六回に同点に追いついた大阪桐蔭は八回1死三塁から、4番丸山が近江2番手の星野から逆方向の左中間席へ勝ち越し2ランを放った。九回には近江の3番手以降を攻め、打者11人、7得点で突き放した。

近江は一回に2点を先制。先発のエース山田が五回まで1失点の好投を続けたが、六回1死一、二塁の場面で右太もも裏がつり、無念の降板を余儀なくされた。

大阪桐蔭は新チーム結成以来、公式戦は負けなしの29連勝。西谷監督は「連勝にこだわりはない。夏は簡単には勝てないので、1試合1試合全力でやるだけ」と無欲を強調した。一方、近江の山田は「夏に甲子園に帰って大阪桐蔭と当たれるように頑張りたい」とリベンジを誓っていた。

会員限定記事会員サービス詳細