露カムチャツカ半島で大規模噴火 気象庁、潮位に変化なし

28日午後5時10分ごろ、ロシア・カムチャツカ半島の内陸部にあるベズイミャンヌイ火山で大規模な噴火が発生した。気象庁によると、北海道の太平洋側をはじめ、日本沿岸の潮位に目立った変化はないという。

気象庁によると、東京航空路火山灰情報センターが、約5万フィート(約1万5千メートル)の噴煙が上がっているのを確認した。今月24日から連続的に噴火が起きていた。

会員限定記事会員サービス詳細