女流で初、里見香奈が棋士編入試験資格を取得

将棋の里見香奈女流四冠(30)=女流王座・女流王位・女流王将・倉敷藤花=は27日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた第48期棋王戦予選決勝で後手の古森悠太五段(26)に99手で勝ち、挑戦者決定トーナメント(本戦)に進出した。さらに、女流棋士とは別制度の棋士編入試験の受験資格も取得した。女流棋士が八大タイトル戦の本戦進出と、編入試験の受験資格取得を達成するのはいずれも初めて。

棋王戦予選決勝に勝利し、棋士編入試験の受験資格を得た里見香奈女流四冠(左)=大阪市福島区(中島高幸撮影)
棋王戦予選決勝に勝利し、棋士編入試験の受験資格を得た里見香奈女流四冠(左)=大阪市福島区(中島高幸撮影)

規定では、棋士になるには養成機関「奨励会」に入り、四段に昇段するか、棋士編入試験を受ける必要があり、これまで女性はいない。受験資格を得るには、男性棋士が参加する公式戦で10勝以上し、かつ勝率6割5分以上の成績を収めることが条件になっている。里見女流四冠はこの日の勝利で10勝4敗とし、条件を満たした。

試験は棋士5人と対戦し、3勝すれば合格する。受験には1カ月以内に申請が必要で、里見女流四冠は「すごく光栄なこと。今日勝てると思っていなかったので、また考えたい」と話した。

里見女流四冠は島根県出身で女流タイトルは最多の47期。かつて奨励会に在籍し、三段まで昇段したが、26歳の年齢制限のため平成30年に退会した。

会員限定記事会員サービス詳細