遺族声詰まらせ「許せない」 車暴走殺傷で懲役30年求刑

愛知県豊橋市で令和2年、交通誘導をしていた警備員らに乗用車で突っ込み、3人を殺傷したとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた無職、青野圭被告(28)=静岡県掛川市=の裁判員裁判公判が27日、名古屋地裁岡崎支部(村瀬賢裕裁判長)で開かれ、死亡した警備員の夏目喜生さん=当時(46)=の妻が「(被告を)許すことはできない。元通りにしてもらいたい」と意見陳述した。

検察側は論告で、大きな旗を振っていた夏目さんを被告が見落とすはずがないと指摘。「乗用車という凶器を使っており、無差別殺人でも重い部類になる」と非難した上で懲役30年を求刑した。

妻は、夏目さんの人柄を振り返り「真面目で一生懸命。いつもにこにこしていて、かけがえのない人だった。楽しかったときを思い出すと涙が止まらなくなる」と声を詰まらせた。


会員限定記事会員サービス詳細