沈没の観光船載せた作業船、網走港に到着

観光船「KAZU Ⅰ」を載せ、網走港へ向かう作業船「海進」=27日午後
観光船「KAZU Ⅰ」を載せ、網走港へ向かう作業船「海進」=27日午後

北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズ・ワン)」が沈没した事故で、カズ・ワンを船上に引き揚げた作業船「海進」が27日午後2時過ぎ、網走港に到着した。今後、船内捜索や水抜きを実施し、陸揚げする見通し。海上保安庁が事故原因の特定に向けた船体調査を本格化する。

海保庁と契約した専門業者「日本サルヴェージ」は26日夜、船体を海面までつり上げ、27日未明に引き揚げを完了。網走港に向かっていた。

事故は4月23日に発生。これまでに乗客14人の死亡を確認、乗客10人と乗員2人が行方不明となっている。

会員限定記事会員サービス詳細