傷害容疑で山梨の町議逮捕 通行人押した疑い

山梨県警本部が入る建物=甲府市
山梨県警本部が入る建物=甲府市

山梨県警は26日夜、通行人の胸を押してけがをさせたなどとして、傷害の疑いで、自称、同県西桂町倉見、西桂町議の武藤英一容疑者(66)を現行犯逮捕した。容疑を否認している。

逮捕容疑は26日午後11時20分ごろ、富士吉田市下吉田の駐車場で、通りがかった20代男性の胸を両手で押し転倒させ、右ひざにけがを負わせたとしている。

県警によると、2人に面識はなかったとみられ、武藤容疑者は酒に酔った状態だった。男性が自ら110番通報した。県警は経緯などを調べる。

西桂町議会によると、武藤容疑者は令和2年に初当選し1期目。

会員限定記事会員サービス詳細