松野官房長官「極めて残念」 北制裁の安保理決議否決

松野博一官房長官(矢島康弘撮影)
松野博一官房長官(矢島康弘撮影)

松野博一官房長官は27日午前の記者会見で、国連安全保障理事会が北朝鮮への制裁を強化する米国作成の決議案を採決し、中国とロシアが常任理事国として持つ拒否権を行使して否決したことについて「極めて残念だ。安保理が平和および安全の維持という本来の目的を果たすことを期待する」と述べた。

松野氏は「今回の決議案否決は拒否権の問題を改めて浮き彫りにした」と強調。「国連安保理は国際社会の現実を反映するように改革し、諸課題により効果的に対処できるようにすべきだ」とも語り、日本の常任理事国入りを含む安保理改革の実現や国連全体の機能強化に向け、日本がリーダーシップをとる考えを示した。

会員限定記事会員サービス詳細