今月解散のピスタチオ“最初で最後の無声ネタ”で白目漫才 

「ENGEIグランドスラム」内の「無声演芸劇場」に出演するピスタチオ(上段右)ら(C)フジテレビ
「ENGEIグランドスラム」内の「無声演芸劇場」に出演するピスタチオ(上段右)ら(C)フジテレビ

5月いっぱいで解散するお笑いコンビのピスタチオ(伊地知大樹、小澤慎一朗)が、28日放送の土曜プレミアム「ENGEIグランドスラム~笑いっぱなしの2時間超SP!~」(後9・0、フジテレビ系)内で初開催される中継企画「無声演芸劇場」に出演し、人気ネタ“白目漫才“を初の無声バージョンで披露。「おそらくこれが最後のテレビ出演」という“最初で最後の無声ネタ”に挑む。

番組MCのナインティナインと松岡茉優。コーナーMCの川島明(下)(C)フジテレビ
番組MCのナインティナインと松岡茉優。コーナーMCの川島明(下)(C)フジテレビ

番組はジャンルの垣根を越えて芸人たちがネタを披露する笑いの祭典で、約3カ月ぶりの放送となる今回もナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)、女優の松岡茉優がMCを務める中、トップバッターのニューヨーク、大トリを飾るおぼん・こぼんのほか、アンガールズ、お見送り芸人しんいち、ザ・マミィ、ジャルジャル、チョコレートプラネット、東京03、NON STYLE、ハリウッドザコシショウ、バカリズム、爆笑問題、ますだおかだ、見取り図、ロッチの15組が登場する。

番組名物の一つとなっている川島明(麒麟)がコーナーMCを務める「無声-」は、話術という武器を封じられた芸人たちが顔や動きのみで笑いを取る斬新な企画で、ピスタチオのほかにキンタロー。、ハイキングウォーキング、もう中学生、ランジャタイがトライする。

スタジオで見守るMC陣も大笑いで、岡村は「なかなかのチャレンジ企画」と感心しきり。矢部はある芸人のネタを見て「これは無声演芸というより完全な顔芸」と大爆笑する一幕もあった。

「感動を覚えるくらい奇跡の連続」と振り返った川島自身は収録後、「僕が担当させていただくコーナーは“給水所“やと思っている。芸人のみなさんが披露する本ネタはいわば“作品“で、じっくり味わっていただきたい。味の濃いものが続くと喉が渇いてしまうこともある。だから休憩がてら“お水でもどうですか“と(笑)。“こういう笑いもありますけど…”って提案させてもらっている感覚」と語っていた。

ほかに、一流芸人が太鼓判を押す実力派芸人を紹介する新企画「俺が審査員なら最高得点!グランドスラム」も実施される。

(産経デジタル)


会員限定記事会員サービス詳細