警官が黒人暴行、窒息死か ブラジルで「ガス室」批判

ブラジル北東部セルジペ州で25日、警官が精神疾患のある黒人男性(38)を車のトランクに閉じ込めて催涙ガスを浴びせるなどし、男性が窒息死した。同国メディアが報じた。当時の動画が拡散し、男性が「ガス室で処刑された」ようだとして国内外で批判が高まっている。26日には現場付近などで抗議デモが起きた。

男性は姉妹の家に向かう途中で警官に呼び止められたとみられる。警官2人が男性を地面に押さえ付けたり、車のトランクに閉じ込めて催涙ガスを浴びせたりする動画が出回った。

25日は2020年に米中西部ミネソタ州で黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に暴行されて亡くなった日に当たり、今回の事件を受けてブラジルでも警察権力などによる暴力の標的になりやすいとされる黒人への差別撤廃を訴える声が起きた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細