世耕氏、国連安保理は「機能不全に陥っている」

自民党の世耕弘成参院幹事長(春名中撮影)
自民党の世耕弘成参院幹事長(春名中撮影)

自民党の世耕弘成参院幹事長は27日の記者会見で、国連安全保障理事会で北朝鮮への制裁を強化する決議案が、中国とロシアが常任理事国として持つ拒否権を行使して否決されたことについて「北朝鮮の暴挙に2カ国から拒否権が発動されて決議に至らなかったことは、国連安保理が機能不全に陥っているとしかいえない」と述べた。

世耕氏は、安保理について「世界の平和と安全を担保することが何よりの役割だ」と指摘。「常任理事国のラインアップや、決議の在り方などを抜本的に見直すべき時期に来ているのではないか」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細