発着艦写真公表に不快感 中国国防省、日本をけん制

中国海軍の空母「遼寧」と飛行する艦載ヘリコプター(防衛省統合幕僚監部提供)
中国海軍の空母「遼寧」と飛行する艦載ヘリコプター(防衛省統合幕僚監部提供)

中国国防省の呉謙報道官は26日の記者会見で、中国海軍の空母「遼寧」が沖縄南方の太平洋上で今月実施した艦載機の発着艦を巡り、日本が関連写真を公表したことに不快感を示した。「日本の艦艇や戦闘機はインターネット上で遼寧の『御用撮影師』と呼ばれている。このような撮影師は必要ない」とけん制。一切の妨害活動をやめるよう要求した。

呉氏は、日本が中国軍の行動をあおり立てて存在感を示し、自国の軍拡を追求する言い訳にすることには「断固として反対」だと強調した。

また日本側が中国空母を近距離で追跡し、訓練の邪魔をするのは非常に危険で、思いがけない事件を引き起こすと主張した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細