ローマが初代王者に サッカーの欧州カンファレンスL

フェイエノールトを下して初代王者となり、喜ぶローマの選手たち=25日(ロイター)
フェイエノールトを下して初代王者となり、喜ぶローマの選手たち=25日(ロイター)

サッカーの欧州カンファレンスリーグは25日、アルバニアのティラナで決勝が行われ、ローマ(イタリア)がフェイエノールト(オランダ)を1―0で下して初代王者となった。前半にザニオロが決めた1点を守り切り、欧州連盟(UEFA)主催大会で初めて優勝した。

ローマのモウリーニョ監督は欧州チャンピオンズリーグ(CL)、欧州リーグと前身のUEFAカップに続く栄冠となった。フェイエノールトは小野伸二を擁して優勝した2002年のUEFAカップ以来の欧州タイトルはならなかった。

欧州カンファレンスリーグは今季から欧州CL、欧州リーグに次ぐ第3の大会として始まった。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細