サッカーJ1 湘南が川崎粉砕 後半4発で初の連勝

【サッカーJ1川崎対湘南】試合に勝利し、喜び合う湘南イレブン=等々力陸上競技場(蔵賢斗撮影)
【サッカーJ1川崎対湘南】試合に勝利し、喜び合う湘南イレブン=等々力陸上競技場(蔵賢斗撮影)

25日に行われたサッカーの明治安田生命J1リーグで、湘南は後半に得点を重ねてリーグ3連覇を狙う川崎に4-0で大勝した。

J2降格圏に沈む湘南が敵地で大きな勝ち点3を積み上げた。5戦連続無失点で首位だった川崎から4ゴールを奪い大勝。今季初の連勝に山口智監督は「今までの悔しい思いを取り返すという気持ちを表現できた」と誇った。

ゴールラッシュの幕開けは、0-0の後半5分だった。右CKに町野が頭で合わせて先制した。4分後には池田がJ1初ゴール。川崎が得点を狙って前がかりになると、相手守備陣の背後を突く速攻が生きた。同15分に町野、16分にタリクが立て続けにゴールネットを揺らし、突き放した。等々力まで駆け付けた湘南サポーターは歓喜に揺れた。

今季は開幕から8戦勝ちなしと苦しんだ。ホームでの清水戦(3日)、横浜M戦(14日)はともに4失点で大敗し、町野は「戦うところやゴールへの執念、体を張った守備と基本的なところを練習からやってきた」と明かした。

成果は出ている。18日のYBCルヴァン・カップ1次リーグで磐田に1-0で競り勝つと、21日のJ1リーグ戦では神戸を2-1で破り最下位を脱出。少しずつ自信をつけてきた。これで公式戦3連勝。「間違いなく今、湘南は反撃体制に入っている」と池田。逆襲へ手応えをつかんだ。(川峯千尋)

会員限定記事会員サービス詳細