将棋の谷川九段が永世名人襲位、4人目

谷川浩司九段
谷川浩司九段

日本将棋連盟は26日、21歳の最年少名人記録を持つ谷川浩司九段(60)が「十七世名人(永世名人)」に23日付で襲位したと発表した。永世名人襲位は引退後が原則だが、4月に還暦を迎え、これまでの実績と貢献度を考慮し連盟理事会が推薦、本人も同意した。

名人位を通算5期獲得すると、永世名人の資格を得る。実力制名人戦になってから永世称号を名乗るのは故木村義雄十四世名人、故大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人に続いて4人目。

谷川十七世名人は「400年以上の歴史を刻む永世名人の名前を継ぐことに、身の引き締まる思い。これからも精進を重ねていく所存です」とコメントした。

昭和51年に14歳でプロ入り。名人5期、竜王、棋聖を各4期など通算タイトル獲得は歴代5位の27期。平成24年から29年まで日本将棋連盟の会長を務めた。

会員限定記事会員サービス詳細