現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

「重信房子」がいたあの時代 デモ、バリケードの「政治の季節」

角材を持ち道路いっぱいに広がってデモする学生たち=昭和43年9月
角材を持ち道路いっぱいに広がってデモする学生たち=昭和43年9月

数々の国際テロを起こしたとされる「日本赤軍」の元最高幹部、重信房子受刑者が5月28日に刑期満了を迎え出所する。昭和46年に出国し、オランダの仏大使館が武装占拠されたハーグ事件で国際手配されたが、平成12年、大阪で逮捕されて服役していた。学生時代に新左翼グループ、赤軍派に加わり革命運動に関わったが、当時の学生をめぐる状況は現在とは大きく異なっていた。

1960年代後半は、学生運動が盛んだった時代。学生が大学にバリケードを築いたり、講義をストライキしたりする現象が相次いでいた。学生がデモ行進をする風景も日常的にあった。当時の学生はいまは70代だが、現代の学生にとっては想像することすら難しい状況なのかもしれない。

インターネットもなく、パソコンも携帯電話もなかった時代。集会を開いて討論したり、自分たちの主張をビラと呼ばれるチラシに印刷して配ったりする学生も多かった。

ランキング

  1. KDDI通信障害、ジャニーズWESTのライブにも影響 大阪

  2. 名古屋駅で汽笛40分鳴り続くトラブル 新幹線1本運休

  3. バイク修理めぐり襲撃 グループは半グレか 新たに男2人逮捕

  4. 香川、徳島の取水制限強化、早明浦ダム貯水率低下で

  5. 【教えて!goo】乳首から太い毛が!抜いてもOK?そもそもなぜ生える?

  6. 【大阪から世界を読む】娘は洗濯機に入れて回され、唐辛子10本を口に入れられ、腹を20回以上踏まれて死んだ…韓国の「鬼母」、社会の無力

  7. 【ぬぐえぬ影 連続児童殺傷20年(上)】「命がけで来てんだよな」元少年A、直撃の文春記者に態度豹変 闇に消えたのは「モンスター」なのか

  8. メガネ店に軽乗用車突っ込む、けが人なし 堺市

  9. C大阪が再び王者川崎に土…セットプレー2発で逆転

  10. 【衝撃事件の核心】奇跡の生還男、〝危ないクスリ〟で暴走? ナゾ深まるダム湖転落5人死亡事故…逮捕後も「服用覚えない」と否認

会員限定記事