東大初の力士、須山が相撲教習所に入所 大学通学も

相撲教習所の入所式に臨んだ須山(前列左から2人目)ら=26日、東京・両国国技館(日本相撲協会提供)
相撲教習所の入所式に臨んだ須山(前列左から2人目)ら=26日、東京・両国国技館(日本相撲協会提供)

大相撲で東大から初の力士となり、夏場所の前相撲で初土俵を踏んだ須山(木瀬部屋)が26日、東京・両国国技館で行われた相撲教習所の入所式に臨んだ。半年間、他の新弟子とともに相撲史や運動医学などを学び「一緒についていければ」と意欲を示した。

東大文学部4年の須山は来春の卒業を目指して週1回、大学にも通う予定。教習所は今月31日から始まり「大変だけど、頑張りたいと思っている」と力強く話した。

夏場所の前相撲では、強豪の日体大出身の今関(玉ノ井部屋)を破るなど3連勝で一番出世を決めた。「良かった。全然相撲を取っていないが、意外と疲れた。終わって一休みという感じ」と息をついた。名古屋場所(7月10日初日、ドルフィンズアリーナ)で番付の最下位の序ノ口にしこ名が載る。

会員限定記事会員サービス詳細