土浦全国花火競技大会、11月5日に開催へ 日本三大花火大会

夜空を鮮やかに彩る土浦全国花火競技大会(令和元年)
夜空を鮮やかに彩る土浦全国花火競技大会(令和元年)

日本三大花火大会の一つ、土浦全国花火競技大会の実行委員会が26日、土浦市で開かれ、今年は11月5日に開催することを決めた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で2年連続中止のため、開催されれば3年ぶり。感染状況を踏まえて8月に開催の可否を最終判断する。

コロナ対策のため、花火の有料観覧席の入場者数を制限して密集を回避するほか、マスクの常時着用徹底を呼び掛ける。

大会は過去、2年連続で打ち上げの失敗により、けが人が出る事故が発生していた。実行委員長の安藤真理子市長は「コロナ対策と安全対策を万全にして準備を進める」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細