マレリに4500億円支援 車部品大手、債権放棄要請

経営難に陥った自動車部品大手マレリホールディングス(旧カルソニックカンセイ、さいたま市)の再建計画案の全容が26日、分かった。現在の親会社である米投資ファンド、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が主導してまとめた。取引金融機関に対し債権放棄を中心に総額で約4500億円の金融支援を要請し、KKRが約830億円の第三者割当増資を引き受けるのが柱だ。国内拠点の再編や海外工場の統廃合で3千人の人員削減を見込む。

マレリの負債額は1兆円規模に膨らんでいる。私的整理の一種「事業再生ADR」の手続きに従って再生を目指し、主力のみずほ銀行などに債権放棄を求めていた。KKRを含めて複数のファンドなどが支援に名乗りを上げたものの、スポンサー探しが難航していた。

会員限定記事会員サービス詳細