さだまさし、ウクライナへ思い「命歌おう」

新作アルバム「孤悲」を出すさだまさし(石井健撮影)
新作アルバム「孤悲」を出すさだまさし(石井健撮影)

シンガー・ソングライターのさだまさし(70)が、6月1日に出す新作アルバムで新型コロナウイルス禍やロシアによるウクライナ侵攻について歌っている。「僕の歌は時代の標石。何が起きたか、何を感じたかの記録」と語るさだに、新作に込めた思いを聞いた。

前作から約2年ぶり。タイトルは「孤悲(こい)」だ。万葉集にある言葉で、「恋」の当て字。

「『孤』は独りぼっちは寂しい、『悲』は心が張り裂けそうだって意味でしょ? コロナ禍で皆が味わったじゃない」

いま出すのに、これほどふさわしいタイトルはない。そう考えた。

コロナ禍については、早い段階で1曲発表していた。この新作にも収録した「緊急事態宣言の夜に」という歌だ。一昨年、緊急事態宣言が発出された翌々日の4月9日に書き上げ、10日には弾き語りするライブの映像を配信した。


「殴られたら殴り返す感覚というか、いま起きたことを歌にするのが僕らの一番大きな仕事。おかしいと思うことが起きたら声に出さなくてはいけない」

また、自身が創設した基金を使った医療現場支援など直接的な行動も起こした。その経緯や思いは、「緊急事態宣言の夜に ボクたちの新型コロナ戦記2020」(幻冬舎)という書籍にまとめた。

× × ×

だが、その後、歌が書けなくなった。大勢の命が奪われているにもかかわらず、ウイルスへの警戒感を緩めていく社会に戸惑い、迷った。2年近く歌づくりが手につかなかった。

しかし、今年2月、ロシアがウクライナへの軍事侵攻を始めた。

「ウクライナで、罪のない民が死んでいく。どうにかならないのかと歌で問いかけなくてはいけない」 コロナ禍も含め、命について歌おう。3月から猛然と歌づくりに取り組んだ。作っては録音し、録音しては作るを繰り返し、一気に7曲を仕上げた。手元にあった3曲を加え、10曲を収めて新作アルバムをスピード完成させた。

会員限定記事会員サービス詳細