外国人観光客、来月から受け入れへ 新千歳、那覇の国際線も再開  首相が表明

衆院予算委に向かう岸田首相(中央)=26日午前、国会
衆院予算委に向かう岸田首相(中央)=26日午前、国会

岸田文雄首相は26日、東京都内で講演し、6月10日から訪日外国人観光客を受け入れる方針を表明した。同月中に新千歳空港(北海道)と那覇空港(沖縄県)での国際線の受け入れも開始する。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いていることも踏まえ、経済活動の段階的な再開に踏み切る。観光目的での入国が可能となるのは2年ぶりとなる。

首相は会合で「わが国の水際対策の強化は、医療提供体制やワクチン接種を進める時間を確保するために必要な措置だったが、今後、水際対策をさらに緩和する」などと語った。新型コロナの感染再拡大を防止するため、政府は当面、受け入れ対象をツアー客に限定する。

外国人観光客の受け入れ再開に向けては、国土交通省が24日から米国、オーストラリア、タイ、シンガポールの4カ国の旅行会社関係者らを対象とした小規模ツアーの実証事業を開始した。実証事業で得られた知見を生かしたガイドラインも策定し、円滑な受け入れに取り組む。

政府の水際対策をめぐっては、新型コロナのオミクロン株の感染拡大に伴って昨年11月末に外国人の新規入国の原則禁止とした後、経済界の要望などを踏まえて段階的に入国者の上限を引き上げてきた。6月1日からは1日当たりの入国者を現在の1万人から2万人に拡大することが決まっており、外国人観光客もこの枠内で受け入れる。

会員限定記事会員サービス詳細