露大使、広島不招待に反発 「恥ずべき措置」

ロシアのガルージン駐日大使(中井誠撮影)
ロシアのガルージン駐日大使(中井誠撮影)

ロシアのガルージン駐日大使は25日、広島市が8月6日の「原爆の日」に開く平和記念式典にプーチン大統領と自身を招待しないことを決めたのは「恥ずべき措置」だとフェイスブックで批判した。

広島市は例年通りプーチン氏らを招待しようと準備していたが、ロシアのウクライナ侵攻を受けて日本政府から招待しないよう促され、取りやめた。ガルージン氏は、日本側がロシアによる軍事作戦を理由に「拒絶を選んだ」と強調した。

ロシアがウクライナで核兵器を使おうとしているとの「ばかげた作り話」を日本側が拡散しているとも主張。過去の式典で日本側がしたスピーチでは「(原爆投下という)恐ろしい民間人大虐殺を行った国がどこなのか、さっぱり分からない」と記し、米国の責任を追及しない日本の姿勢も非難した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細