速報

速報

au、全国で通信障害

首相、調査踏まえ出産一時金増額へ努力

衆院予算委で答弁に臨む岸田文雄首相=26日午前、国会・衆院第1委員室(矢島康弘撮影)
衆院予算委で答弁に臨む岸田文雄首相=26日午前、国会・衆院第1委員室(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は26日の衆院予算委員会で、出産時に公的医療保険から支払われる出産育児一時金に関し、引き上げに向けて努力すると表明した。「出産費用の実態調査の結果も踏まえながら、支給額を引き上げることも大事だ」と語った。

一時金の現行額は原則42万円。出産にかかる費用は年々上昇し、厚生労働省の調査では一時金を超えている。与党や自治体から増額を求める声が上がっている。首相は「妊婦の方々が安心して安全に出産できる環境を整えるのは大変重要だ」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細