大学野球部員がランニング中に倒れ死亡、コロナ陽性も判明

岐阜協立大(岐阜県大垣市)は26日、硬式野球部の4年生男子部員(22)が14日、ランニング中に倒れて意識を失い、翌日に死亡したと発表した。当時、監督らは救急車を呼ばず、倒れてから約30分経過後、部の車で病院に運んでいた。部員は搬送後に新型コロナウイルス陽性が判明。死因は「公表する立場にない」としている。

大学によると、14日午前11時ごろ、部員は約1時間走ったところで倒れた。大学グラウンドで数十人が練習に参加していた。通常のランニングは20~30分で、この日はやや長かったという。

監督は救急車を呼ばなかった理由に関し「熱中症だと思った。部の車で運んだ方が早いと判断した」と説明しているという。大学は第三者委員会を設置し、練習や搬送が適切だったか調査する。監督は指導から外れている。 野球部は東海地区大学野球連盟の岐阜県リーグに所属し、今年の春季リーグでは2位だった。

会員限定記事会員サービス詳細