東芝、物言う株主を経営に 綱川前社長は退任

東芝本社が入るビル近くに掲げられたマーク=東京都港区
東芝本社が入るビル近くに掲げられたマーク=東京都港区

東芝は26日、6月28日の定時株主総会に諮る取締役候補者13人を発表した。大株主である海外の「物言う株主」の幹部2人を受け入れ、企業の合併・買収(M&A)助言会社会長の渡辺章博氏を取締役会議長に充てる。暫定的な取締役会議長を務めている前社長の綱川智氏は取締役を退任して特別顧問に就任し、島田太郎社長が新たに取締役に就く。

大株主の米資産運用会社ファラロン・キャピタル・マネジメントと、米投資ファンドのエリオット・マネジメントから1人ずつ受け入れる。株式の非公開化を含む経営戦略を募集して経営再建に取り組む状況で株主と足並みをそろえる狙いがあるが、物言う株主の影響力がさらに強まる可能性がある。

取締役候補者は社外取締役で構成する指名委員会が選定した。指名委員会委員長のレイモンド・ゼイジ氏は取締役候補と同じファラロン出身だが、26日の記者会見で「取締役会として適切な多様性を担保できている」と強調した。

東芝は13日に取締役候補者を発表する予定だったが、一部の社外取締役候補者について利害関係の有無などを確認しているとして先送りしていた。(高久清史)

会員限定記事会員サービス詳細