優勝旗紛失、同じもの作製 実業団駅伝、富士通が負担

全日本実業団対抗駅伝を制し、優勝旗を受け取る富士通の選手=群馬県庁
全日本実業団対抗駅伝を制し、優勝旗を受け取る富士通の選手=群馬県庁

日本実業団陸上競技連合は26日、オンラインで理事会を開き、昨年1月の全日本実業団対抗駅伝制覇の富士通が保管していた優勝旗が所在不明になっている問題で、同様の優勝旗を作製すると発表した。連合によると、費用は申し出た富士通の負担。出来上がった後、今年1月の大会で初優勝したホンダに渡す。

旗は縦106センチ、横115センチ。富士通が返還準備を始めた昨年11月下旬に保管ケースごと所在不明になっているのが判明。12月中旬に問題を公表して謝罪していた。今後は定期的に管理状況を報告してもらう再発防止策を講じる。

仮に代替品を発注したとしても間に合わなかったため、今年の大会ではホンダに優勝旗は授与されなかった。

会員限定記事会員サービス詳細