現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

エネルギーは安全保障最優先に キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

杉山大志氏
杉山大志氏

政府の「クリーンエネルギー戦略」中間整理が発表された。ウクライナ戦争を受けて「脱炭素の前に脱ロシア」となったものの、結局は莫大(ばくだい)なコストをかけて政府主導の脱炭素投資をすることになっている。激変する世界において、かかる戦略で大丈夫だろうか。

年15兆円のコスト負担

元来この「クリーンエネルギー戦略」は、脱炭素の投資を進めるべく岸田文雄首相の肝いりで構想されたものだった。ところがロシアのウクライナ侵攻で安全保障の重要性が増し、中間整理では1章がエネルギー安全保障となり、2章の脱炭素と2部構成になった。

ランキング

  1. 【宮家邦彦のWorld Watch】因果応報のバイデン政権

  2. 【産経抄】6月30日

  3. 【正論】「第2の開国」に向け制度設計を 日本財団会長・笹川陽平

  4. 【正論】LGBTには「生産性」がある 動物行動学研究家、エッセイスト・竹内久美子

  5. 【浪速風】フェルメールの絵で謎解きを

  6. 【主張】災害弱者 少子高齢化への対応急げ

  7. 【正論】中国論がもたらす日本国内分断 文化人類学者、静岡大学教授・楊海英

  8. 【浪速風】やっぱり常態化した中露軍艦の「津軽」通過

  9. 【ん!?】日本語最後の謎「ん」…実は不可欠な音と表記なのだ

  10. 【正論】『終わった人』をいかに減らすか 高齢者が働きやすい環境づくりを 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦

会員限定記事