巨人の菅野、精彩欠き4敗目

1回、険しい表情でベンチに戻る巨人先発・菅野智之=東京ドーム(斎藤浩一撮影)
1回、険しい表情でベンチに戻る巨人先発・菅野智之=東京ドーム(斎藤浩一撮影)

巨人の菅野は26日のオリックス戦で、6回7安打3失点で4敗目を喫した。同一カード3連勝が懸かった一戦で精彩を欠き、「コンディションを整えて次の登板に向けて頑張る」と悔しさをにじませた。

一回に先頭からの連打などで1死二、三塁とされると、中川圭をフルカウントから6球ファウルで粘られ、12球目を左犠飛とされ先制を許した。制球力を欠き、三回は四死球からピンチを招いて無安打で追加点を献上。「内容がちょっと悪すぎた。こっちのリズムにならなかった」と原監督。五回まで毎回先頭打者の出塁を許し、自らを苦しくしてしまった。

会員限定記事会員サービス詳細