前回女王クレイチコバがコロナ陽性で棄権 全仏テニス

バルボラ・クレイチコバ(AP=共同)
バルボラ・クレイチコバ(AP=共同)

テニスの全仏オープンに出場していた昨年女子単複2冠のバルボラ・クレイチコバ(チェコ)が25日、新型コロナウイルスの検査で陽性が判明したため、ダブルスの棄権を決めたとインスタグラムで発表した。シングルスは23日の1回戦で敗退していた。

女子のマリエ・ブズコバ(チェコ)も陽性となり、シングルスとダブルスを棄権するとツイッターで明らかにした。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細