現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

中絶の「死の文化」を広げぬため 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン

麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン氏
麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン氏

人工妊娠中絶をめぐり、米国の政治メディア「ポリティコ」(Politico)のニュースサイトで全米を揺るがす問題が報じられた。同サイトが入手した米連邦最高裁の草案によると、女性の中絶の権利を認めた過去の判断を覆すという。

対象の事案は、ミシシッピ州で2018年に制定された中絶を規制する法律が憲法に違反するか争われているものだ。この法律は医療の緊急性がある場合を除き、妊娠15週以後の中絶を禁止する。民間クリニックが「違憲」だとして訴えた。州の医療責任者とそのクリニックの名から「ドブス対ジャクソン・ウィメンズヘルス訴訟」と呼ばれる。

米揺るがす最高裁「草案」

ランキング

  1. 【世界の論点】中国人口、61年ぶり減少 米メディア 衰退で「台湾侵攻」誘発懸念有料プラン記事

  2. 【主張】古墳時代の発見 日本文化の豊かさ示した

  3. 【産経抄】無料プラン記事

  4. 【正論】覚悟なき日本人の安全保障戦略 東京国際大学特命教授・村井友秀無料プラン記事

  5. 【JAPAN Forward 日本を発信】世界が求める未来の技術

  6. 【主張】衆院選「一票」判決 不断の格差見直し怠るな

  7. 【正論】真の国際人であるための条件とは何か 入江隆則(明治大名誉教授)

  8. 【新聞に喝!】朝日の「戦争を防ぐ確かな手立て」とは? 日本学術機構代表理事・政治学者 岩田温

  9. 【産経抄】1月29日無料プラン記事

  10. 【浪速風】なかったことにしないで