大東建託の元社員逮捕 架空投資話で400万円詐取容疑

架空の土地投資話を友人に持ちかけ400万円をだまし取ったとして、警視庁目白署は25日までに、詐欺容疑で、大東建託元社員で無職、原秀昭容疑者(33)を逮捕した。「投資で2億5千万円の借金があり返済に充てるためだった」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は原容疑者が大東建託支店長だった平成30年10月から令和元年5月にかけ、東京都在住の友人男性に「客に土地の売却を頼まれた。転売のマージンが取れるので投資すれば2倍になる」と持ちかけ、自身の口座に現金を振り込ませ、だまし取ったとしている。

目白署によると、原容疑者は同僚や客に借金があった。元年12月に大東建託を懲戒解雇された後、特殊詐欺事件に関わったとして、3年4月に埼玉県警に窃盗容疑などで逮捕され、有罪判決を受けて服役中だった。

会員限定記事会員サービス詳細