音声で聴く スポーツ、ここが知りたい

野球解説者・荒木大輔さん 大ちゃん「令和の怪物」を語る

↓こちらから音声がお聴きいただけます。
ロッテの佐々木朗希投手の将来性について語る荒木大輔氏=東京都港区(田中充撮影)
ロッテの佐々木朗希投手の将来性について語る荒木大輔氏=東京都港区(田中充撮影)

完全試合を達成するなど急成長を遂げるプロ野球ロッテの佐々木朗希投手について、プロ野球解説者の荒木大輔氏は「順調に球界のエースへと階段を上がっている」と太鼓判を押した。

今シーズンのロッテの育成方針は1試合100球前後でローテーションにも「休養」を挟んで疲労にも配慮する。荒木自身も高卒3年目に先発ローテーションで投げていた時代には体に相当な負担があったといい、ロッテの育成方針を支持した。(聞き手・田中充)

■荒木大輔(あらき・だいすけ)
1964(昭和39)年、東京都生まれ。野球解説者。早実高時代の1980年夏、1年生ながら甲子園で準優勝し、「大ちゃんフィーバー」を巻き起こす。83年ドラフト1位でヤクルトに入団。96年は横浜(現DeNA)でプレー。通算180試合で39勝49敗2セーブ。引退後は西武、ヤクルト、日本ハムで2軍監督やコーチを務めた。

※音声プレーヤーが表示されない場合はこちら

「音声で聴く スポーツ、ここが知りたい」は、アスリートなどスポーツ関係者の肉声インタビューをお届けします。

【音声で聴く スポーツ、ここが知りたい】野球解説者・荒木大輔さん
聞き手 田中充
音声編集 EUREKA creative studio
制作 産経新聞社

会員限定記事会員サービス詳細