現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

見逃した前兆、元捜査1課長が25年間抱く悔い 神戸連続児童殺傷事件

遺体の一部が置かれ、騒然とする中学校の校門付近=平成9年5月、神戸市須磨区
遺体の一部が置かれ、騒然とする中学校の校門付近=平成9年5月、神戸市須磨区

神戸市須磨区で平成9年、小学生5人が相次いで襲われ、2人が殺害された神戸連続児童殺傷事件から今年で丸25年。14歳の凶行が社会に与えた衝撃は四半世紀を経ても人々の脳裏に焼き付く。捜査を指揮し、回顧録「二本の棘(とげ)」(角川書店)を今春出版した当時の兵庫県警捜査1課長、山下征士(せいし)さん(83)は、事件の「兆し」を目にしながら被害者を守れなかった無念さ、遺族への申し訳なさを今も胸に抱える。

平成9年5月27日の午前6時40分過ぎ、枕元の電話が鳴った。中学校の校門に子供の遺体の一部が置かれているという捜査員からの報告だった。ゆっくりと丁寧な口調は、事件の重大さを伝えるには十分だった。

《「何かの見間違いということはないか。マネキンとか、人形とか…」「その可能性はありません」》

ランキング

  1. USJで作業員が死亡 木箱落下し下敷きに

  2. 福島第1原発作業員が死亡 嘔吐後に敷地外で倒れる

  3. 児童65人の個人情報紛失 埼玉・所沢の小学教諭

  4. JERAの千葉火力で火災 一部運転停止

  5. JR総武線車内の不審物、爆発物ではないと確認 警視庁

  6. 熱海土石流1年 見過ごされた危険性、責任の押し付け合い

  7. 二・二六事件から80年 「血染めの芝生」警護の誇り今に伝える

  8. ブレイブボードで照明器具に激突か 小5男児が死亡

  9. 物流センター倉庫火災 鎮火に1~2週間か、茨城

  10. 「USJに行っていた」 大阪2歳女児死亡、逮捕の祖母ら供述

会員限定記事