親ロシア派のモルドバ前大統領を拘束

インタファクス通信によると、旧ソ連モルドバの検察当局は24日、汚職や国家反逆などの容疑でドドン前大統領の身柄を拘束したと発表した。検察は同日、前大統領の自宅などを捜索し、多額の現金などを押収したという。

前大統領は親ロシアの社会党に所属し、2016年の大統領選で当選したが、20年の大統領選決選投票で親欧米のサンドゥ現大統領に敗れた。

社会党は24日、捜索は失政から国民の目をそらそうとする「安っぽい芝居」だと政権側を批判した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細