現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

THE古墳

逆風のなか…芸大から高松塚壁画に挑んだ文化庁の新人職員

飛鳥美人壁画の修復作業。台の上で前かがみになりながら筆を使ってカビなどを取り除く(文化庁提供)
飛鳥美人壁画の修復作業。台の上で前かがみになりながら筆を使ってカビなどを取り除く(文化庁提供)

消えかかった白虎、カビの繁殖…。高松塚古墳(奈良県明日香村)の壁画劣化が明らかになり、文化庁の管理体制などが社会問題化していた平成17年、30代半ばで東京芸大助手から同庁に入ったのが建石徹さん(53)だった。国内初となる壁画の描かれた石室の解体や、国宝壁画の修復という困難な国家的プロジェクトに入庁直後から挑み、10年以上携わった。現在は東京文化財研究所の保存科学研究センター長として全国の文化財保存を担う。「高松塚の経験を他の遺跡に生かすのが役目」と話す。

壁画保存「八方ふさがり」

「壁画保存をしっかりやってほしい」。日本画家で東京芸大学長だった平山郁夫さん(故人)は、同大から文化庁に移ることになった建石さんにひときわ思いを込めて語った。昭和47年の壁画発見後、「飛鳥美人」の模写を担当したのが平山さんだった。「平山先生は、美しかった壁画が劣化してとても心配しておられた」と振り返る。

石室の解体作業。専用の機械で天井石がつり上げられ、手前には壁画の描かれた壁石が残った=平成19年5月(奈良県明日香村)
石室の解体作業。専用の機械で天井石がつり上げられ、手前には壁画の描かれた壁石が残った=平成19年5月(奈良県明日香村)

東京芸大では、平山さんのもとで中国・敦煌(とんこう)莫高窟(ばっこうくつ)壁画、アフガニスタン・バーミヤン石窟の壁画調査や保存に取り組んだ。こうした経験から、同庁の高松塚壁画担当として白羽の矢が立った。

着任は平成17年4月1日付。数日後には、高松塚古墳の石室内にいた。「不謹慎かもしれませんが」と前置きしつつ、「壁画を見てまず思ったのは、きれいだなあということ。そして、こんなに小さいのかと」。

ランキング

  1. 世界初のブラックホール画像に異論 国立天文台、別チームが再解析

  2. 【話の肖像画】「すしざんまい」喜代村社長・木村清(1)母子4人で分け合った2切れのマグロ

  3. 連載小説「厳島 ITSUKUSHIMA」(169)龍ヶ馬場・一 武内涼

  4. ロシアと韓国…「歴史は進歩する」のウソ 古田博司

  5. オミクロン新派生型「BA・4」「BA・5」 感染力、病原性高いか

  6. 独の慰安婦像撤去求める韓国団体が苦戦 街頭活動妨害、面会キャンセル

  7. 【彩時記】キュウリ かっぱも好む旬の味~7月・文月~

  8. 【メディアの革命児 前田久吉】第1部(5)大毎人脈と「街の新聞」

  9. 【家族がいてもいなくても】(740)「お一人さま」の覚悟

  10. 「書く」が生徒の学び、考える力に JICA中高生エッセイコンテスト アクティブ・ラーニングで活用広がる[PR]

会員限定記事