中露爆撃機飛行「ならず者国家だと示した」 自民・佐藤外交部会長

佐藤正久外交部会長(鴨志田拓海撮影)
佐藤正久外交部会長(鴨志田拓海撮影)

自民党の佐藤正久外交部会長は25日午前の党会合で、日米豪印4カ国(クアッド)が開催されていた24日に中国軍とロシア軍の戦略爆撃機が日本列島周辺で編隊飛行を行ったことを批判した。「クアッド開催国の日本に対する当てつけ以外の何物でもなく、中国自らが力の信仰者、ならず者国家であることを示したようなものだ」と述べた。

佐藤氏は「日本はこのような常軌を逸した示威行動に単なる抗議だけではなく、国際法に基づいて毅然(きぜん)とした行動を示すべき段階にきている」と強調。オホーツク海での訓練や米国が南シナ海で展開する「航行の自由作戦」と同様の訓練を日本も検討すべきだとの考えを示した。

会員限定記事会員サービス詳細