浪速風

はじめてのおつかい

日本テレビ系の番組『はじめてのおつかい』が世界的にヒットしているという。映画やドラマなどを配信する米ネットフリックスで人気を集めている。小さな子供が、ひとりで買い物に行って帰ってくるまでを隠しカメラで追う、笑いあり、涙ありのリアリティーショーだ

▶米メディアなどは、日本では治安の良さが子供の自立性を育てるのに役立っていると分析。何歳なら子供をおつかいにやってもいいのか、といった議論も呼んでいるという。ほのぼのとした番組だが、国によっては治安と教育という身近な分野での課題を突き付ける。日本に暮らす私たちが番組をただ単純に楽しめるのは、ほかにない豊かさが社会の下地にあるからだろう

▶日本でも子供が巻き込まれる事件、事故は後を絶たず、おつかいも危険を伴う。だが、通りの大人みんなが子供を気にかけ、少し親切にすれば随分とリスクは減るのでは。この国は、まだそれが可能なはず。

会員限定記事会員サービス詳細