ラニーニャ影響、6~8月は気温高め 気象庁が予報公表

気象庁=東京都港区虎ノ門
気象庁=東京都港区虎ノ門

気象庁は24日、全国の6~8月の3カ月予報を発表した。ラニーニャ現象などが影響して暖かい空気に覆われやすいため、気温は北・東日本で高く、西日本では平年並みか高い。降水量は全国的にほぼ平年並み。各月の予報は次の通り。

▽6月 北日本は月の前半、数日の周期で天気が変わり、後半は曇りや雨の日が多い。東・西日本では前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多い。沖縄・奄美は高気圧に覆われやすく、曇りや雨の日が少ない。

▽7月 北日本は曇りや雨の日が多い。東・西日本は月の前半は曇りや雨の日が多く、後半は晴れの日が多い。沖縄・奄美は晴れの日が多い。

▽8月 北日本は数日周期で天気が変わる。東日本の日本海側では晴れの日が多い。東日本の太平洋側と西日本、沖縄・奄美では南からの湿った空気の影響を受け、晴れの日が少ない。

会員限定記事会員サービス詳細