岸田流おもてなしは夫人のお点前と日本料理 乾杯は広島レモンサイダー

岸田文雄首相はバイデン米大統領と個人的な信頼関係を深めようと「おもてなし」にも気を配った。首脳会談後の23日夜、広大な敷地に美しい日本庭園や料亭を有する東京・白金台の八芳園にバイデン氏を招き、日本料理の夕食会を催した。これに先立ち、和服姿の裕子首相夫人のお点前による茶で歓待した。

夕食会では、酒を飲まないバイデン氏に配慮し、広島レモンサイダーで乾杯。副大統領時代に訪問した東日本大震災の被災地、宮城県名取市のジェラートも提供された。両首脳の話題は、自身の生い立ちや家族におよび、「打ち解けた雰囲気で親睦を深めた」(外務省)という。

総理夫人によるお点前(内閣広報室提供)
総理夫人によるお点前(内閣広報室提供)

「和」の趣向の夕食会に対し、迎賓館でのワーキングランチは「洋」。広島県産の野菜やブランド牛の神石牛などの料理で、来年の先進7カ国首脳会議の開催地に決まった首相の地元の魅力をアピールした。

裕子首相夫人が外交デビュー 伝えた「日本の美」

会員限定記事会員サービス詳細