尿入りボトル投棄疑い逮捕 駐車場に計13リットル、静岡

静岡県警本部が入るビル
静岡県警本部が入るビル

静岡県警富士宮署は24日、店舗駐車場に計13リットルの尿が入ったペットボトル27本を捨てたとして、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで、富士宮市小泉、警備員、岡田祐一容疑者(46)を逮捕した。署は認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は昨年11月6日、富士宮市の駐車場にペットボトルに入れた尿を不法投棄したとしている。段ボールに入ったペットボトルを店の従業員が見つけ、同署に通報した。防犯カメラの映像から容疑が浮上した。動機を調べている。

会員限定記事会員サービス詳細