中国、バイデン氏の台湾発言に「約束に背いた」

記者会見する中国外務省の汪文斌副報道局長(共同)
記者会見する中国外務省の汪文斌副報道局長(共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は24日の記者会見で、台湾有事の際に米国が台湾防衛に関与するとしたバイデン米大統領の発言に対し、「米国は台湾問題における約束に背き、『一つの中国』原則を空洞化させ、『台湾独立』の分裂活動を陰に陽に扇動、支持している」と猛反発した。

汪氏は「世界には一つの中国だけがあり、台湾は中国の一部だ」と主張。「これは国際社会の共通認識であり、米国が行った約束でもある」と訴えた。

米側に対し「誤った道を進めば、中米関係に取り返しのつかない結果をもたらすだけでなく、最後には耐えられないような代価を米国が支払うことになる」と牽制(けんせい)。「世界には米国も含め、中国人民が国家の完全な統一を実現する歩みを阻止できる勢力はない」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細