4299万円を法的に確保、誤給付事件で

はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
山口県阿武町役場

山口県阿武町が誤って振り込んだ給付金4630万円の一部を使用したとして電子計算機使用詐欺容疑で同町福田下、無職、田口翔容疑者(24)が逮捕された事件を巡り、花田憲彦町長が24日、町内で記者会見し、約4299万円を法的に確保したと明らかにした。

容疑者の代理人弁護士によると、容疑者は口座に振り込まれた4月8日から同19日までに計約4633万円を出金。主な出金先は国内の決済代行会社3社だった。関係者によると、うち1社から町の口座に3500万円余りが振り込まれていた。

容疑者は4630万円のうち400万円をオンライン決済サービスで決済代行業者の口座に振り替え、不法に利益を得たとして5月18日に逮捕。県警によると「オンラインカジノに使った」と供述している。

これまでに町は容疑者に給付金や弁護士費用など約5115万円を求めて提訴しており、代理人は給付金返還の請求を受け入れる「認諾」の手続きをした。


会員限定記事会員サービス詳細