大橋、瀬戸は個人メドレー2種目 6月の世界水泳エントリー

競泳女子の大橋悠依

日本水連は24日、世界選手権(6月開幕・ブダペスト)の競泳のエントリーを発表し、女子の大橋悠依(イトマン東進)は東京五輪で金メダルに輝いた200メートルと400メートルの個人メドレーに登録した。男子の瀬戸大也(TEAM DAIYA)も個人メドレーの2種目を泳ぐ。

本多灯(日大)は五輪で銀メダルを獲得した200メートルバタフライに加え、400メートル個人メドレーに出場する。リレー種目で日本は男子と混合の400メートルメドレーリレー、女子800メートルリレーにエントリーした。

©2020-2022 The Sankei Shimbun. All rights reserved.