末梢神経にタンパク質蓄積 ALS早期診断に期待

記者会見する広島大大学院の丸山博文教授=23日午後、広島市
記者会見する広島大大学院の丸山博文教授=23日午後、広島市

広島大や徳島大などの研究チームは、体が徐々に動かせなくなる「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者の筋肉にある末梢神経(まっしょうしんけい)の束を調べたところ、ALSの原因となるタンパク質が異常に蓄積していることが分かったと23日、発表した。早期診断につながるとしている。

チームによると、タンパク質の一種「TDP43」が脳や脊髄の運動神経に集まることでALSが発症する。ただ、生きている人間から神経を切り取って検査はできないため、正確な早期診断が難しい。そこで、生体検査が可能な筋肉に着目し、骨格筋内の神経束を調べた。

ALSで亡くなった10人と、別の病気で亡くなった12人の筋肉で、TDP43の蓄積の有無を比較。ALS患者では全員に蓄積があったが、患者以外には蓄積がなかった。

広島大で記者会見した広島大大学院医系科学研究科の丸山博文教授は「ALSは進行が早く、早期発見が重要だ。新たな診断基準となるようさらに検証を進めたい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細