民間人殺害のロシア兵に終身刑 戦争犯罪で初の判決

ウクライナの首都キーウの裁判所に出廷したロシア軍兵士ワディム・シシマリン被告。最高刑となる終身刑の判決を言い渡された=23日(共同)
ウクライナの首都キーウの裁判所に出廷したロシア軍兵士ワディム・シシマリン被告。最高刑となる終身刑の判決を言い渡された=23日(共同)

ロシアのウクライナ侵攻後、非武装の民間人を銃殺したとして戦争犯罪で初めて訴追されたロシア軍兵士ワディム・シシマリン被告(21)に対し、ウクライナ首都キーウ(キエフ)の裁判所は23日、求刑通り最高刑となる終身刑の判決を言い渡した。被告側は上訴する方針。

ウクライナがロシアによる戦争犯罪の追及を本格化させる中、初の判決となった。被告は起訴内容を認めていた。

判決によると、シシマリン被告は2月28日、北東部スムイ州の村で自転車に乗っていた非武装の民間人男性(62)に発砲し殺害。ロシア軍の存在を通報されないようにするのが目的だった。被告の弁護士は判決後、記者団に、被告は命令に従い、殺意がなかったこと、自ら投降し捜査に協力してきたことが考慮されていないとして近く上訴する方針を示した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細