互いを殺害容疑、死亡の父子書類送検 大分県警

大分県警大分中央署は23日、今年1月に互いの胸などを刃物で刺し殺害したとして、いずれも殺人容疑で、大分市明野高尾の無職の男=当時(79)=と、同市南津留の無職の息子=同(47)=を容疑者死亡のまま書類送検した。

書類送検容疑は1月1日午前1時20分ごろ、父親の住宅1階で互いの胸などを刃物で複数回刺し、それぞれを殺害した疑い。署によると、親子間に何らかのトラブルがあったとみられる。

会員限定記事会員サービス詳細